スライドイメージ
1928年、中国との国境の町、新義州。貧しい少年シン・ジョンテ(子役クァク・ドンヨン/キム・ヒョンジュン)は、人力車の車夫をしながら、唯一の家族である妹チョンアの病気の手術費を稼ぐ毎日。そんなある日、町でゴロツキに絡まれていた少女、出口カヤ(子役チュ・ダヨン/イム・スヒャン)を助け出す。共に母を亡くした傷を持つ2人は互いに惹かれ合うようになるが、ジョンテを思う幼なじみのキム・オクリョン(子役ジウ/チン・セヨン)は、そんな2人に不安を抱く。やがて誤解からカヤは自分の父を殺した犯人をジョンテの父と思い込み、恨みを抱いたまま日本の裏組織・一国会から来た晋一(チョ・ドンヒョク)とともに日本へ。さらに、ジョンテがいぬ間にチョンアまでが姿を消してしまう。数年後、飛乗組の一員として密輸にかかわりながらチョンアを捜し続けていたジョンテは、一国会の新義州支部長として戻ってきたカヤに再会する。変わり果てたカヤに驚きつつ、組の存続とカヤの解放を懸けて晋一と闘うことになるジョンテ。だが、闘い敗れたジョンテは、中国組織のトップ、モ・イルファ(ソン・ジェリム)に助けられ、満州へ。さらに時は流れ、5年後。父の訃報を聞き、上海に向かったジョンテは、そこで中国に勢力を広げようとするカヤ、この町で暮らしていたオクリョンに再び巡り合う。“上海の鷹”と呼ばれていた父の姿を知り、この町を巡る勢力抗争に巻き込まれていくジョンテだが…。
img1 img2 img3